検索
  • Nakamura Mineo

ハスカップ研究(International Journal of Antimicrobial Agents誌)



International Journal of Antimicrobial Agents誌volume58 supplement1 2021(インパクトファクター5.283)に掲載されました。

新型コロナウイルスのカテゴリーで2番目の評価になっています。


<内容>

Effect of Lonicera caerulea on cytokine production of alveolar macrophages by stimulation with SARS-CoV-2-related proteins


1.Masaaki Minami, 2.Mineo Nakamura

1.Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences,Japan

2.Nakamura Phamacy, Japan


Background: The SARS-CoV-2 infection is a lethal viral infection that is widespread all over the world, but there is no established drug for the SARS-CoV-2. In fatal cases, cold symptoms worsen to acute respiratory failure. One of the reasons is the cytokine storm due to the overproduction of inflammatory cytokines such as TNF-α, IL-1β, and IL-6. Lonicera caerulea has been used in traditional medicine of the Ainu people in northern Japan as a fruit of immortality and longevity. Here, we investigated whether Lonicera caerulea extract (LCE) affects the production of cytokines by mouse alveolar macrophages by stimulation with this SARS-CoV-2-related protein.

Methods: The LCE was extracted with methanol from fruits from Atsuma Town, Hokkaido. Alveolar macrophages were aseptically extracted from 6 week male ICR mice. Both alveolar macrophage and SARS-CoV-2-related proteins (nucleocapsid, S1 protein, S1 + S2 protein) were cultured in RPMI1640 medium with 5% fetal calf serum at 37 ° C. and 5% CO2 for 24 hours. After cytokines (TNF-α, IL-1β, and IL-6) in the culture supernatant were measured by the ELISA method.

Results: Cytokine production from alveolar macrophages was significantly enhanced by stimulation with SARS-CoV-2-related proteins. This enhancement was remarkable in the order of nucleocapsid, S1 + S2 protein, and S1 protein. Regarding cytokine production, a significant decrease in cytokine production was confirmed in alveolar macrophages treated with LCE.

Conclusions: Our result demonstrated that LCE suppresses the enhancement of cytokine production from alveolar macrophages by the SARS-CoV-2-related protein. Lonicera caerulea is presumed to suppress the exacerbation of SARS-CoV-2 such as acute respiratory failure.



SARS-CoV-2関連タンパク質による刺激による肺胞マクロファージのサイトカイン産生に対するLoniceracaerulea(ハスカップ)の影響


1.南正明、2.中村峰夫

1.名古屋市立大学大学院医学研究科,日本

2.中村薬局,日本


背景:SARS-CoV-2感染症は、世界中に蔓延している致命的なウイルス感染症ですが、SARS-CoV-2の確立された薬はありません。致命的なケースでは、風邪の症状が悪化して急性呼吸不全になります。その理由の1つは、TNF-α、IL-1β、IL-6などの炎症性サイトカインの過剰産生によるサイトカインストームです。 Lonicera caerulea(ハスカップ)は、不死と長寿の果実として、日本の北部のアイヌの人々の伝統医学で使用されてきました。ここでは、Lonicera caerulea抽出物(LCE)が、このSARS-CoV-2関連タンパク質による刺激によってマウス肺胞マクロファージによるサイトカインの産生に影響を与えるかどうかを調査しました。

方法:LCEは、北海道厚真町の果物からメタノールで抽出されました。肺胞マクロファージは、6週齢の雄ICRマウスから無菌的に抽出されました。肺胞マクロファージとSARS-CoV-2関連タンパク質(ヌクレオカプシド、S1タンパク質、S1 + S2タンパク質)の両方を、5%ウシ胎児血清を含むRPMI1640培地で37°C、5%CO2で24時間培養しました。培養上清中のサイトカイン(TNF-α、IL-1β、IL-6)をELISA法で測定した。

結果:肺胞マクロファージからのサイトカイン産生は、SARS-CoV-2関連タンパク質による刺激によって有意に増強されました。この増強は、ヌクレオカプシド、S1 + S2タンパク質、およびS1タンパク質の順序で顕著でした。サイトカイン産生に関しては、LCEで処理された肺胞マクロファージでサイトカイン産生の有意な減少が確認されました。

結論:我々の結果は、LCEがSARS-CoV-2関連タンパク質による肺胞マクロファージからのサイトカイン産生の増強を抑制することを示した。 Lonicera caeruleaは、急性呼吸不全などのSARS-CoV-2の悪化を抑制すると推定されています。


閲覧数:124回0件のコメント

最新記事

すべて表示